カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS

美味しい飲み方

日本酒ならではの飲み方を楽しみましょう!

日本酒は世界でも類を見ない、
味わいの深さと飲む温度帯の幅広さを持っています。

【冷酒】
 きめ細やかな味わいと心地良い香り。
【常温】
 銘柄やタイプにかかわらず、ありのままの香りや味わい。
【お燗】
 まるいふくらみとうまみが現れる。(日本酒の真骨頂)


◎お酒の温度による呼び方と目安◎

★飛び切り燗【55℃以上】香りが強まる。
  持てないほどではないが、持った直後に熱いと感じる。

★あつ燗【ほぼ50℃】香りがシャープになる。
  熱く感じる。徳利から湯気が見える。

★上燗【ほぼ45℃】香りがきりっと締まる。
  数秒間持つとやや温かい。注ぐと湯気が立つ。

★ぬる燗【ほぼ40℃】香りが最も大きくなる。
  体温と同じくらいの感じ。熱いとは思わない程度。

★人肌燗【ほぼ35℃】米や麹のよい香りに。
  体温より少し低い。「ぬるいな」と感じる程度。

★日向燗【ほぼ30℃】香りがひき立ってくる。
  体温よりは低い印象。温度が高いとも低いとも感じない。

★室温【ほぼ20℃】いわゆる常温。かつての土間の温度。
  手に持つと、ほんのりと冷たさが伝わってくる程度。

★涼冷え【ほぼ15℃】冷蔵庫から出してしばらく経った温度。
  ひんやりとしてはっきりした冷たさを感じる。

★花冷え【ほぼ10℃】冷蔵庫に数時間入れておいた温度。
  瓶に触るとすぐに冷たさが指に伝わる。

★雪冷え【ほぼ5℃】氷水に浸して充分に引き締めた冷たさ。
  冷たく冷気が見え、瓶に結露が生じる。


気分や料理に合わせて、自分の好きな温度でお楽しみください。

ページトップへ