カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS

はじめまして

はじめまして!

【越の誉】原酒造のオンラインショップに
ようこそお越しくださいました。
ここでは、「原酒造はどのような酒蔵か」
簡単ですが自己紹介させていただきます。


米山大橋

原酒造がある新潟県柏崎市は、中越地方日本海側の中央に位置し、15の海水浴場と米山・黒姫・八石の刈羽三山に囲まれた、海に川に山にと自然豊かな街です。
当蔵の創業は江戸時代後期の文化11年(1814年)。当時の柏崎は北国街道の宿場町として、また千石船による海運の町として栄えていました。そのため、優雅と気品に満ちた都の文化が溶け込み、独特の文化が開花したといいます。豊かな自然の恵みと、文化水準の高い土地柄に支えられ、必然的に酒の味も磨かれていったに違いありません。柏崎の自然、人情、文化、そのすべてが樽の中に醸されています。創業以来二百年の歴史がゆっくりと築きあげてきた味に更に新しさを重ね合わせ人々に末永く愛される酒を醸し続けています。

その歴史を受け継ぎ現在良酒を醸し上げるのは平野保夫杜氏。越後杜氏である平野は、新潟県知事より平成18年度「にいがたの名工」の称号を受賞しました。さらに、その優れた醸造技術により平成19年と21年「全国新酒鑑評会」において金賞受賞を果たしました。その技術は酒質の安定と向上、そして徹底した品質管理に注がれております。

そして、弊社のことを紹介するにあたって欠かすことができない出来事は2007年7月16日に起きた中越沖地震です。中越沖地震によって弊社は社屋の約7割が倒壊するという大きな被害を受け、当時は建物が倒壊した様子が毎日の様にテレビ等で報道されました。
全壊した木造の酒蔵五棟は土壁が割れ、柱はひしゃげ、瓦屋根は目線の高さまで崩れ落ち、大小約三百あるタンクのうち、約二百のタンクが瓦や屋根に埋もれるという状況でした。


地震から貯蔵タンク救出

お酒の仕込みを行なう生産設備や精米機、瓶詰め工場といった主要な部分は被害が軽かったこと休日で社員全員が無事だったことは幸いでした。翌日からがれきや割れた日本酒1万本の撤去を開始し、倒壊した土蔵のがれきから重機で酒の貯蔵タンクを救出。8月中旬には瓶詰めラインを稼動させ、9月に新酒を仕込み10月から商品を出荷するなど満足ではないものの二ヶ月半で通常業務ができる体制まで戻しました。

その後、新蔵である和醸蔵の完成。蔵元直売所である酒彩館が完成し現在に至ります。
弊社は明治44年に柏崎大火、2004年の中越地震、2007年の中越沖地震など数々の災害にも怯むことなく苦難を乗り越えてきた酒蔵なのです。


◎和醸蔵

和醸蔵

平成19年7月16日の中越沖地震後に建てられた酒蔵です。「和の心にて良酒を醸すべし」と意味を込め和醸蔵と命名いたしました。貯蔵には外気の影響を受け難い土壁の機能を取り入れてあります。1階部分では洗米、蒸し、仕込、上槽までの工程を1つのフロアーに効率よく配置してあり、2階部分はステンレスパネルの大吟醸麹室、麹の枯らし室、杉板を使用した天幕式の麹室を配備し高品質の酒造りに万全を期しております。


◎酒彩館

「越の誉」のほぼ全アイテムが購入できるオフィシャルショップ 酒彩館

平成22年にオープンした四季折々の日本庭園を見ながらゆったりとした空間で、「越の誉」のほぼ全アイテムが購入できるオフィシャルショップです。入口では酒造りのシンボルの1つである大きな杉玉がみなさんをお出迎え。木々の緑、石組みの妙、吹き抜ける風、広がる空・・・その美しい空間にある、上質な開放感は訪れた人を癒します。試飲スペースでは「越の誉」をその場でお楽しみいただけます。蔵見学は要予約で随時受付中です。


◎酒造り

原酒造の酒造り 米


水と日差しと風をなによりのごちそうにして、良質のお米が育つ柏崎。
その中でも特に酒造りに適する酒造適合米が「越の誉」の原料となります。また、当社では米の全量自家精米工場にて、より高品質な精米を行っています。


水は三階節で名高い名峰米山、山の北西は直に日本海で、冬には天上から雪が降り落ちるのではなく、山裾より這い上がって積もるという、そんな情景を思い浮かべてください。
「越の誉」に使用している水は米山の清水、伏流水で水質は軟水です。出来あがった酒は、まろやかで幅があり後味には余韻がうっすらと残るお酒になります。

気候
冬の柏崎は日本海からの激しい風で「雪が横に降る」と言われるほど。そんな厳しい寒さの中で、酒造りは行われます。雪はフィルターとなって空気を磨いてくれるのです。その気候は芳しいふくよかな酒を醸すのに適しています。

詳しい原酒造の酒造りはコチラ


◎新酒まつり

新酒まつり

地元柏崎の皆様への感謝のイベント「新酒まつり」では3,000人以上の方にお越しいただいています。その年の新米から一番に搾り上げたお酒の振舞い、酒蔵限定商品販売、楽しい屋台コーナーなど、楽しい企画が盛りだくさんの蔵開き・蔵祭りです。毎年秋開催していますので、どうぞ皆様御誘い合わせのうえお越しください。


ページトップへ